多ボタンマウスを活かす!割当てソフト(windows10)

この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

パソコンユーザーならだいたいの人がマウスを使うと思います。5ボタンマウスも安いので普及していますが、活用していますか?

マウスを買ったら設定ソフトもついていますが、それがないものもあり、その場合サイドボタンはブラウザの進む/戻るに固定されています

進む/戻るはマウスジェスチャーで設定しているので他の操作を割当てたいですよね?

ぼくはそう思いました^_^;

今回は5つのボタン+ホイール上下+左右チルト(ホイルを傾けて入力するスイッチ)をカスタマイズできるフリーソフト”X-Mouse Button Control”の紹介です。

とても細かい設定ができるので、解説していきますね

スポンサーリンク

インストール

まずインストールから
https://www.highrez.co.uk/downloads/XMouseButtonControl.htm
この公式サイトからlatest versionをダウンロードして実行して下さい。

インストールが終わったら起動しましょう。
起動したら設定にはいります。

設定

設定画面(設定済)
設定画面

上の画像は設定済のものです。

まず右側で左ボタンから右チルトまで9種のボタン設定ができます。

設定項目が150!くらいありますが、その中に希望するアクションがなければ”キー・シミュレーション”で設定する事もできます。

9種のボタンへの設定だけでなく、9種のボタンの組み合わせにも設定できます。”ボタン・コーディング”を選んでください。

アプリケーションごとの動作設定
アプリケーションごとの動作設定

プロファイル(アプリケーション)別に設定をする事もできます。

上の画像では、snipaste.exe使用中はこの設定で動作します。

プロファイルの追加 左下の追加ボタンからアプリケーションを選んで追加して下さい。

レイヤーというのは、パソコンを複数人で共用しているとして、個人別に設定できるという意味です。

Aさん用の設定はレイヤー1、みたいな。

設定例

ぼくが実際使っている環境を例にしましょう。

キャプチャソフト”snipaste”、翻訳ソフト”capture2text”を使っています。

ちょっと解説しましょうか

プロファイル:デフォルト(通常時)

設定例

右ボタン ボタンコーディング→ボタン4にペースト…右ボタン押しながらボタン4で貼り付け

設定例コーディング
  • 中ボタン キーシミュレーションF1 …”snipaste”キャプチャ開始
  • ボタン4 コピー …コピー
  • ボタン5 キーシミュレーションALT+Q …”capture2text”キャプチャ開始
設定例キーストローク
マウスボタンを離した時、押している間有効なども設定可

プロファイル:snipaste.exe(snipaste動作中)

プロファイルごとの動作設定
  • 右ボタン ESC  …snipasteキャプチャキャンセル
  • 中ボタン キーシミュレーションF3 …キャプチャ貼り付け
  • ボタン4 キーシミュレーションSHIFT+F3 …すべての貼り画像非表示

この設定で、マウスのみでスクリーンキャプチャ、翻訳、コピー/貼り付けができます。

ご自分の環境に合わせて使いやすいように設定して下さい^_^

↓のQtuoってヤツが評判良かったんで使ってます。1,000円ちょっとなのに、意外に?いいです

まとめ

スマホが普及してパソコンはもう要らない!なんて言う人もいますが、作業効率は絶対パソコンの方が上ですよね?

こういう便利なソフトを使うとパソコンは余計に手放せません^_^

設定例にあるsnipaste、capture2textもすごく便利です!


Windows10のおすすめソフトもまとめてます

コメント

  1. […] 多ボタンマウスを活かす!割当てソフト | なるほど帳 […]

タイトルとURLをコピーしました